本文へ移動

大谷すくすく日記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ラディッシュの芽が出たよ!

2022-05-24
カテゴリ:ひよこ組,うさぎ組,年少組,こねこ組
オススメ
ラディッシュの種を植えて10日程で、芽がでました。
大きくなるには、「水」「お日さまパワー」そして、「おおきくな~れ」のみんなの気持ちが大切!
毎日水をあげて、ラディッシュの成長を楽しみにしている、子どもたちです。

とら組 自然探検 円山ユースの森

2022-05-23
オススメ
年長組になって初めての自然探検。円山動物園を越えた先に、『円山ユースの森』はあります。
思いきり深呼吸したくなるような、自然にあふれた場所で、子どもたちも到着すると早く探検したいとワクワクした様子でした。
円山自然学校の高野克也先生が隊長となり、この自然探検を行います。子どもたちからは『克也隊長』と呼ばれています。初めに克也隊長から、この森にはどんな生き物がいると思うかな?という問い掛けに『ダンゴムシ』『くま』『ハチ』『りす』などたくさんの生き物が出て来て、この生き物たちを見つけに行こうとなりました。ただ、道路が周りにあるので、『くま』いないということ、『ハチ』が来たら、しゃがんで動かないといことを教えていただき、出発しました。まずは虫を探してみようと探し始めてた子どもたち。葉っぱの下にいたのは、『ダンゴムシ』『ワラジムシ』『ミミズ』、そのほかに『アオムシ』や『シャクトリムシ』『ムネアカオオアリ』『エゾゼミの抜け殻』などを発見しました。園庭でいつも虫探しをしている子どもたちなので、じっくり、ゆっくりと探している姿が見られました。その後、ギザギザの葉の上には、『ゾウムシ』がいることを教えていただき、見つけるとすぐに手に乗せて観察していました。口のようなところが長いため『ゾウムシ』というそうです。リスにも遭遇し、キツツキが木を『コンコンコン』と穴を開ける音も聞いてきました。1時間以上たっぷりと探検を楽しんだ子どもたち。たくさんの生き物に触れることができました。
コロナ禍となり、なかなか園外保育が出来ていませんでしたが、子どもたちは普段感じることのできない体験に生き生きとしていました。これからは感染に気を付けながらも、様々な場所に出かけ、五感を使いながら子どもたちと一緒に学んでいきたいです。

大好き、砂遊び!

2022-05-20
カテゴリ:うさぎ組,年少組
オススメ
 天気が良く、暑い日には、子どもたちは裸足になって、砂・土遊びを楽しんでいます。
 穴を掘る、山を作る、砂に足を埋める…など、夢中になって楽しんでいます。
 白っぽい砂ですが、掘っていくと、茶色の砂が出てきたり、サラサラ・冷たい感触を楽しんだりと、
 色々な発見もしています。
 土には水を流し、川も作りました。土は、水を含むと固まりやすくなるということを知り、お団子
 作りも楽しみました!
 

年中組 自然探検

2022-05-20
カテゴリ:きりん組,ぞう組
注目
5月19日(木曜日)、自然探検をしました。
幼稚園のグラウンドや境内で、克也隊長と一緒に虫探しをしました。
今、年中組では色々な虫に興味を持っている『虫発見隊』や『虫博士』が沢山いるので、とても楽しく活動に参加していました。

隊長のリュックから次々と出てくる虫の写真に興味深々。
見つけた虫は虫かごに入れてみんなで観察しよう。
『モノアラガイ』の殻が沢山落ちているよ
「木の枝を使って葉っぱをめくると下に虫が隠れていることが多いんだよ」と教えてもらい、すぐにやってみると…。ダンゴムシ発見‼
「ビオトープにはアメンボがいるんだよね~」と探しています。
初めて克也隊長と一緒に遊んで、とても大喜びのきりん組でした。
「みんなの目で沢山の虫を見つけてみよう!」と克也隊長のお話を聞いて、虫探しが始まりました。
湿った所が好きな虫は、落ち葉の下にいることを教えてもらい、枝を使って掘っています。
飛んでいるチョウチョはいないかな?網を持って探すお友達もいます。
糸に繋がった青虫。おしりをチョンと優しく触ると、どんどん上に登っていく面白い様子も見れました。
克也隊長と一緒に沢山の虫を見つけて楽しみました。
捕まえたアメンボやダンゴムシは、みんなで観察したあとに、おうちに帰します。また元気な虫を探そうね!

大豆を植えました‼

2022-05-18
オススメ
年中組の子どもたちが相談して、大豆を畑に植えることにしました。
前日に大豆を水の中に入れておくと、柔らかく、そして少し大きくなりました。
『お水、たくさん飲んで大きくなったね』と小さな大豆の変化に子どもたちも驚いた
様子。その大豆を畑に植えて、優しく土をかけたのですが、『おいしいお豆になってね』
と声を掛けている姿がとてもかわいらしかったです。大豆の畑は駐車場側にありますので、
水を運ぶのも大変です。それでも友達と力を合わせて頑張っている年中組。元気な大豆を育てるためには
どんなことが必要なのか、これから子どもたちと考えていきたいと思います。
大きく育ちますように…。
TOPへ戻る